「法務」の検索結果

法務
法務の特徴・説明・仕事概要
企業のなかで活躍する法律のスペシャリスト法律の専門知識を生かして、ビジネスのなかで関わってくる法的な問題に対処するスペシャリスト。商取引や契約など日常的な問題から、労災問題、商標や特許権などの知的所有権を守ること、さらには訴訟など法的トラブルへの対処など、仕事内容は幅広い。海外取引において、相手国の法律や国際法に基づく書類の作成といった仕事もある。企業が負う法的なリスクを予見し、トラブルにも対処する責任の重い仕事だが、トラブルの場合でも当事者と対立しないようなコミュニケーション能力、バランス感覚、そして真摯に仕事に向かう責任感などが求められる。
法務の働く場所・雇用形態
法務部門のある企業は大企業がほとんど。業種は特許や知的財産関連の仕事は製造業、著作権は情報産業などが多いが、一般企業でもニーズは高い。正社員が一般的だが、契約・派遣での雇用形態もある。
法務の仕事に就く方法
大学、短大、専門学校などで法学の専門課程を修了後、法務部門を持つ企業に就職するパターンが一般的。最初はアシスタントからスタートし、徐々に大きな案件を任されるようになる。
弁護士・裁判官
弁護士・裁判官の特徴・説明・仕事概要
いずれも司法試験合格が条件。高度な法律知識を要する専門職司法試験合格者は、弁護士、検察官、裁判官のいずれかをめざすことになる。弁護士は、裁判所の法廷に立ち、民事・行政裁判で代理人を、刑事事件の裁判では弁護人を務める。裁判官は、公判請求事件の審理や逮捕状などの令状発付手続きなどを行う。社会問題に対して関心の高い人に向いている仕事。また、弁護士は、法廷や示談交渉の場で依頼人に有益な結果を導き出す弁論や交渉力が不可欠なので、論理的な思考能力があり、討議・討論が得意な人に向く。裁判官は、論理的であることに加え、冷静に問題の本質を見極め、客観的な判断が下せる人に適している。
弁護士・裁判官の働く場所・雇用形態
裁判官は裁判所に所属する国家公務員。身分は、最高裁判所長官.最高裁判所判事.高等裁判所長官.判事.判事補および簡易裁判所判事に分かれる。弁護士は、資格取得後、数年間弁護士事務所に勤務(「イソ弁」と呼ばれる)して仕事を覚えてから独立するのが一般的だが、そのまま勤務し続ける例もある。また、企業の法務部などに就職する道もある。
弁護士・裁判官の仕事に就く方法
今から弁護士や裁判官をめざすなら法科大学院に進学するのが王道。法科大学院には法学を学んだことがない人を受け入れる3年コースがある。修了すると新司法試験の受験資格が得られる。新司法試験合格後、1年の司法修習を経て、修了後の試験に合格すると有資格者に。弁護士は弁護士事務所で数年勤務してから独立するケースが多い。裁判官志望者は、まず判事補に。
公認内部監査人(CIA)
公認内部監査人(CIA)の特徴・説明・仕事概要
内部統制が適切に運営されているかどうかをチェックする不祥事等の発生を防止し、企業が経営目標を効率的に達成できるように、公正かつ独立の立場で企業の内部統制が適切に運用されているかを評価し、状況に応じて改善や指導、助言をする。企業倫理が問われる事件の増加や、日本版SOX法の施行など、企業を取り巻く経営環境が変化する中、内部統制の重要性が認識されるようになり、内部監査人への期待は高まっている。個人的な意見が監査に反映されないよう客観性や正義感、道徳心をもっていること。また、改善点などを的確に伝えられるコミュニケーション能力も必要。
公認内部監査人(CIA)の働く場所・雇用形態
企業の会計・経理・法務・財務・内部監査部門などが主な活躍の場。また、監査法人、コンサルティング会社、会計事務所などでもニーズがある。
公認内部監査人(CIA)の仕事に就く方法
専門的な能力・知識が問われるCIA試験に短期合格するにはスクールで学習するのが望ましい。CIAは、資格試験合格と2年以上の実務経験によって認定される。

注目のキーワード

呼吸器の病気

循環器系の病気

消化器の病気

代謝・栄養障害と内...

血液・免疫異常の病気

がん

脳・脊髄・神経の病気

骨と関節の病気

形成外科の病気

皮膚の病気

腎臓と尿路の病気

男性性器の病気

女性の病気

口腔と舌、歯と歯肉...

目の病気

耳・鼻・のどの病気

こころの病気

感染症

性感染症

寄生虫による病気と食中毒

子どもの症状と病気

神経痛に効果のある温泉

しびれに効果のある温泉

冷え性に効果のある温泉

不妊症に効果のある温泉

ぜん息に効果のある温泉

リウマチに効果のある温泉

疲労に効果のある温泉

高血圧に効果のある温泉

糖尿病に効果のある温泉

筋肉痛に効果のある温泉

ねんざに効果のある温泉

動脈硬化に効果のある温泉

生活習慣病に効果の...

肩こりに効果のある温泉

肝臓病に効果のある温泉

皮膚病に効果のある温泉

貧血に効果のある温泉

便秘に効果のある温泉

腰痛に効果のある温泉

婦人病に効果のある温泉

美肌に効果のある温泉

痔疾に効果のある温泉

関節痛に効果のある温泉

胃腸病に効果のある温泉

打撲に効果のある温泉

気管支炎に効果のある温泉

創傷に効果のある温泉

火傷に効果のある温泉

腺病に効果のある温泉

消化器系疾患に効果...

湿疹に効果のある温泉

中風に効果のある温泉

脳卒中に効果のある温泉

脚気に効果のある温泉

運動障害に効果のある温泉

呼吸器系疾患に効果...

痛風に効果のある温泉

骨折に効果のある温泉

術後回復に効果のある温泉

眼病に効果のある温泉

神経痛.に効果のある温泉

国際的・語学を活かす資格

IT・コンピュータ...

会計・法律・不動産...

インテリア・建築・...

健康・癒し・心理関...

ビューティー関連の資格

料理・フード関連の資格

ファッション・ブラ...

フラワー・ペット関...

広告・出版・Web...

映像・エンターテイ...

アーティスト・創作...

福祉関連の資格

医療関連の資格

教育関連の資格

専門的な仕事に関連...

国際的・語学を活かす職種

IT・コンピュータ...

会計・法律・不動産...

インテリア・建築・...

健康・癒し・心理関...

ビューティー関連の職種

料理・フード関連の職種

ファッション・ブラ...

フラワー・ペット関...

広告・出版・Web...

映像・エンターテイ...

アーティスト・創作...

福祉関連の職種

医療関連の職種

教育関連の職種

専門的な知識に関連...

遺言書作成

税理士相談

相続と遺言の相談

相続税の相談

相続の相談

相続の知識

相続の法律相談

相続税

相続対策

相続手続きの相談

相続トラブルの相談

交通事故の法律相談

交通事故の後遺症

交通事故の相談

交通事故の示談交渉

後遺症の法律相談

交通事故の示談

人身事故に関する相談

保険と後遺障害

交通事故の示談内容

借金問題

債務整理

借金返済

債務問題

個人再生

借金の相談

人事労務の相談

雇用条件の相談

雇用の相談

退職金の相談

ビジネス法務実務

不当解雇の事例

不当解雇の相談

労働問題の相談

企業法務

労働問題

PageTop